リスクの少ない債務整理、教えます


借金が増えて、生活が苦しくなってきたから、債務整理をしたい。あまりリスクのない債務整理を選びたい。そう考えている人は多いと思います。この記事では、債務整理の種類と、リスクの最も少ない手続きについて解説します。

債務整理とは

債務整理とは、減額や支払い期間、支払い方法の調整により、法的に借金問題を解決する手段で、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求の4つの中から、債務者の状況に合わせた債務整理で借金問題を解決します。

債務整理のメリット・デメリット

次に、4つの種類の債務整理のメリット・デメリットについて見てみましょう。

任意整理

メリット

  • 自分で整理したい債務が選択できる
  • 保証人のついている債務を選択しなければ迷惑がかからない
  • 家族に知られにくい
  • 持ち家や車等の財産がなくならない

デメリット

  • 約5年ほど新規の借り入れや、カードの利用ができない
  • 借金は免除されない
  • 貸金業者(消費者金融など)と和解が成立しない場合もある
  • 持ち家や車のローンは減額されず、他の借金が減額されるため、ローンの残高が多ければ返済が難しくなる

個人再生

メリット

  • 借金が大幅に減額される(約80%)
  • 持ち家や車が残せる

デメリット

  • 全ての債務が対象の為、保証人に請求がいってしまう
  • 書類等が届く為、家族に知られやすい
  • 約5年〜10年の間新規の借り入れや、カードの利用ができない
  • 持ち家や車のローンは減額されず、他の借金が減額されるため、ローンの残高が多ければ返済が難しくなる
  • 資産価値が高い財産に関しては無くなる可能性もある

自己破産

メリット

  • 免責が受けられれば借金がゼロになる
  • 誰でも申立てが可能
  • 一定の財産は残すことができる

デメリット

  • 就ける職業に制限がつく
  • 免除されない借金もある(公共料金など)
  • 約5~10年程度は新規の借り入れやカードの利用ができない
  • 保証人に請求が行く
  • 財産を没収されてしまうので、生活環境が多少変わる

過払い金請求

メリット

  • ブラックリスト(信用情報機関)に載らない
  • 周囲に過払い金請求をしている事がばれない
  • 任意整理を行っている場合は、借金を減額できる

デメリット

  • 貸金業者にまともに対応してもらえない可能性もある
  • 二度とその貸金業者からお金が借りられない可能性が高い

このように、どの債務整理にも、必ずメリットとデメリットがあります。なお、債務整理のそれぞれの詳しい手続きは加藤法律事務所(※宇都宮で借金問題専門の弁護士事務所)を参照してください。

それぞれの債務整理に向いている人

任意整理

借金がそれほど多くない人向けです。そのうえで、保証人に請求がいくのを避けたい、家や車を確実に残したい、家族に知られたくない、こういう風な人は任意整理が向いています。

個人再生

借金が多く、今のままでは返済は難しいけど、減額すれば払える。住宅ローンを抱えているけど、家を残して債務整理をしたい、こうお考えの方は個人再生が向いています。
しかし、保証人に請求がいってしまうので、事前に保証人や家族との話し合いが必要となります。

自己破産

借金が多く、現在無職、生活保護を受給している、又はこれから生活保護を受給しようと考えている人は、自己破産が向いています。人
しかし、持ち家や車等の財産は返済に充てる為無くなってしまうのと、借金の理由が浪費やギャンブル、投資等の場合は借金が免除されない可能性があるので、注意が必要です。

過払い金請求

現在借金を返済中で、過払い金が発生している。又は、10年以内に借金を完済していて、調べたら過払い金がある。こういう人は過払い請求が向いています。
過払い金請求は任意整理中でもできるので、少しでも借金を多く減らしたい方にも向いています。
払い過ぎたお金は戻ってきますが、過払い請求をした貸金業社からは、借りることが出来なくなるので注意が必要です。

まとめ

解説してきたように、どの債務整理にも必ずリスクは伴いますが、借金が減額される、又は無くなるという大きなメリットがあります。今の生活をよりよくする為に、債務整理を検討してみることをお勧めします。