車や家、個人再生はどこまでもっていかれてしまう?

個人再生は、裁判所を通じて債務を減額してもらうための手続きです。
しかし具体的に何が出来るのか、車や家などの財産はもっていかれてしまうのか気になりますよね。この記事では個人再生とは何か、財産はとられてしまうのか、について解説していきたいと思います。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に行って借金を大幅(1/5程度)に免除してもらい、原則3年間で完済をめざす手続きです。
個人再生手続きにおける債務の減額基準

債務が100万円未満の場合            債務全額(減額なし)
債務が100万円以上500万円以下の場合     100万円
債務が500万円を超え1,500万円以下の場合      5分の1
債務が1,500万円を超え3,000万円以下の場合  300万円
債務が3,000万円を超え5,000万円以下の場合  10分の1

個人再生は住宅ローンを除く借金が5000万円以下じゃないと手続きをする事はできません。

一般的には300~1000万くらいの借金を抱えた人が個人再生をする事が多いです。

車はなくなるのか

結論から言いますと、車がなくなる事はありません。
基本的に車はなくならず、手元に残せます。なぜなら個人再生では、原則的に債務者の財産はなくならないからです。
個人再生は「精算」ではなく「再生」するための手続きですので、財産をとられることはありません。個人再生でも債務者の預貯金や生命保険、車や株式などの財産について、すべて裁判所に報告する必要があります。ですが、これは債務者の財産を没収するためではありません。個人再生をする人がどれだけ高額な車を持っていたとしても、「財産があるから」という理由で取られることはないのです。

持ち家はなくなるのか

個人再生には住宅ローン特則という制度があります。この特則の条件に当てはまるのであれば、持ち家を残したままで個人再生の適用を受けることができます。
しかし、基本的には住宅ローンは減額されず、他の借金が減額されるため、住宅ローンの残高が多ければ返済が難しくなります。

住宅ローン特則を利用するための条件は、主に次の4つです。

  • 所有権が申立人にあり、居住目的の家である
  • 家が住宅ローン以外の担保になっていない
  • 保証会社の代位弁済から6ヶ月以内
  • 家に保証会社の抵当権が設定されている

ローンがない持ち家は残せるのか

ここまでローンがある家は残す事が出来ると解説してきましたが、ではローンがない家はどうなるのか?結論から言うと、住宅ローンを完済した家を残すのは、難しいといえます。
個人再生には「清算価値保障の原則」というものが認められているからです。「清算価値保障の原則」とは、再生債務者は少なくとも保有財産の価値以上のお金を返済しなければならない、という原則です。お金を貸した債権者を保護するために認められている原則です。

しかし、個人再生で住宅ローンを完済した家を残すことも、状況によってはできますのでご安心下さい。債権者に最低でも返済しなければならない額(最低弁済額)が家の資産価値よりも大幅に上回っていれば、家を売却しなくて済むのです。

例えば、家の資産価値が100万円しかなく、最低弁済額が500万円であれば、家を残したまま個人再生ができる可能性があるのです。

まとめ

解説してきたように、個人再生では基本的には車や持ち家を残す事ができます。しかしローン返済が終わっていて財産価値の高い家に関しては残す事が難しいです。

個人再生を進めていくには、かなり専門的な知識が必要となります。損をしてしまわないように、弁護士や司法書士といった法律のエキスパートに任せることをおすすめいたします。