借金の管理ができなくなったら?

借金の管理が出来ないくらいに増えてしまい、苦しい生活を送っている人を救うためにあるのが債務整理です。
この記事では、債務整理とは何なのか、債務整理のメリット・デメリットを解説していきます。

債務整理とは

債務整理とは、減額や支払い期間、支払い方法の調整により、法的に借金問題を解決する手段です。債務整理には種類があり、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金請求

この4つの中から、債務者の状況に合わせた債務整理で借金問題を解決します。

任意整理

任意整理とは、債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らせるように、貸金業者と交渉して、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。
自己破産や個人再生などのように裁判所を通す手続きではなく、貸金業者と交渉し、今後の返済計画を話し合いで決めていきます。

個人再生

個人再生とは、裁判所に行って借金を大幅(1/5程度)に免除してもらい、原則3年間で完済をめざす手続きです。

自己破産

自己破産は、借金返済の見込みがなくなり「支払不能」になった事を裁判所に認めてもらい、手続きをする事で全ての借金をゼロにすることができます。
債務者の持っている財産を処分してお金に換え、財産を現金化したものを債権者に順次配当していき、それでもなお借金が残ってしまった場合に、残りの借金を免除してもらう手続きです。

過払金請求

過払い金返還請求とは、利息制限法の上限を超えて貸付を行っていた貸金業者に対して、不当に払い続けていた利息の返還を求める行為のことをいいます。

債務整理の手続きのメリット・デメリット

では債務整理の4つの手続きにある、メリット・デメリットについて解説していきます。

任意整理

メリット

  • 自分で整理したい債務が選択できる
  • 保証人のついている債務を選択しなければ迷惑がかからない
  • 家族に知られにくい
  • 持ち家や車等の財産がなくならない

デメリット

  • 一定期間新規の借り入れや、カードの利用ができない
  • 借金は免除されない
  • 貸金業者(消費者金融など)と和解が成立しない場合もある

個人再生

メリット

  • 借金が大幅に減額される(約80%)
  • 持ち家や車が残せる

デメリット

  • 全ての債務が対象の為、保証人に請求がいってしまう
  • 書類等が届く為、家族に知られやすい
  • 一定期間新規の借り入れや、カードの利用ができない

自己破産

メリット

  • 免責が受けられれば借金がゼロになる
  • どなたでも申立てが可能
  • 一定の財産は残すことができる

デメリット

  • 就ける職業に制限がつく
  • 免除されない借金もある(公共料金など)
  • 5~10年程度は新規の借り入れやカードの利用ができない
  • 保証人に請求が行く
  • 財産を没収されてしまうので、生活環境が多少変わる

過払金請求

メリット

  • ブラックリスト(信用情報機関)に載らない
  • 周囲に過払い金請求をしている事がばれない
  • 任意整理を行っている場合は、借金を減額できる

デメリット

  • 貸金業者にまともに対応してもらえない可能性もある
  • 二度とその貸金業者からお金が借りられない可能性が高い

まとめ

どの債務整理にも、デメリットはありますが、それ以上に、債務が軽くなる、無くなる等の大きなメリットがあります。生活が苦しくなってしまった人は、一度状況を見直して、債務整理を検討することをおすすめします。少しでも不安や疑問がある方は、弁護士・司法書士にご相談してみて下さい。